【私的ベスト】記者が厳選する2018年のお気に入り記事7選 ~P.K.サンジュン編~

1年は “アッ” という間に終わる。年を重ねれば重ねるほどその実感は強くなり、今年40歳になった私、P.K.サンジュンは、今年ほど猛スピードで過ぎ去った1年を知らない。きっと2019年は今年よりもさらに早く、マッハで時間は過ぎていくのだろう。

さて、今回は年末恒例の「ロケットニュース24記者が厳選する2018年のお気に入り記事」のP.K.サンジュン編をお届けする。ざっと見返したら今年は約700本の記事を執筆していたが、その中から私が印象的だったものをご覧いただきたい。

・今年を振り返ると

外部ライターとしてライター業を始めて4年。サラリーマンを辞めてロケットニュース24編集部に勤務するようになって3年。自分自身を振り返ってみると、変な話、ライター業にやや慣れてしまってきている感がある。

「経験」と呼ぶべきか、それとも「惰性」と呼ぶべきかわからないが、個人的にはそんな状況にうっすらと危機感を覚えていることも事実だ。平成も終わることなので、2019年は初心に帰りガツガツとアタッカーとして、みなさんに楽しんでもらえる記事をお届けしたい。

それでは以下で、2018年の私的ベストをご覧いただこう。

【実録】インスタに「写真をお金にしませんか?」と怪しいメッセージがきた → 潜入した『スマホアフィリエイト説明会』の衝撃内容とは!?

結論から言うと、ゴリゴリの “ねずみ講” だったワケだが、1人で怪しげな説明会に潜入するのはとても緊張した。多くの人から「たぶん同じ説明会に行きました」「行こうとしてたんですけど、記事読んでやめました」と言っていただき、少しは世の中のお役に立てたかな? と思っている次第だ。

まあ、世間にはいろんな人がいるが、説明会を仕切っていた桐島(仮名)はとても出来そうな男だっただけに「もっと違うことで才能を発揮すればいいのに」と思わずにはいられなかった。桐島! 読んでるか!! もしその気があったらライターの募集して来いよ!

【戦場】子供を保育園に迎えに行ってから寝かし付けるまでの「リアル育児」を知って欲しい

2016年に生まれた娘も2歳になりました。その娘を保育園に迎えに行ってから寝かし付けるまでの日常を、味付けせずにそのまま書いた記事。おかげ様で多くの反響があり「いいパパですね~」なんて公開直後はよく言われた。

ただ、私はカッコつけるわけでも謙遜するわけでもなく、普通のことをしているだけである。むしろ「素敵なお父さん!」とか言われちゃうと超プレッシャーだ。というか、専業主婦がマジで1番ヘビーだと思う今日この頃。俺にはできん。

【検証】「絶対にディズニーランドが無理なおっさん」がディズニーマニアに1日案内されたらこうなった

【検証】2歳児とディズニーマニアが「東京ディズニーランド」に行ったらこうなった

こちらはディズニー企画2連発。当初は「ロケットニュースでディズニー書いても読まれるのかな?」と思っていたが、予想に反して多くの人に読んでいただいた。きっと読者の心を射抜いたのは、“ディズニーマニア” こと田代大一朗だろう。

普段からキラキラしている田代だが、ディズニーランドに足を踏み入れた田代のキラキラ度はマジでヤバい。なんというか、目を合わせるのも怖いほどキラキラしているのだ(いい意味で)。

ただ、おかげで娘をディズニーランドに連れて行ってあげられたし、ディズニーの魅力を再確認させてくれた田代には本当に感謝している。来年も1本とは言わず2本、3本とディズニー企画の記事を執筆したい。

【ドン引き】てんやで野菜天丼を「210円で食べる裏ワザ」が反則ギリギリすぎた

これぞロケニュー! ……的な記事なので好きです。来年はこういう記事をたくさん書きたい。やっぱり「ロケットっぽい記事を書こう!」と思うと、偉大なる佐藤パイセンの協力が必須である。パイセン、来年もよろしくお願いしますね!

【大食い検証】スシローで10万円分食べられるのか? 男4人で挑戦した結果… / 第2回「10万円食べるもんズ」

これもロケットニュース24っぽい記事で好き。来年は月1くらいでやっていきたい。人数はともかく、個人的には「ミスド」や「丸亀製麺」での対戦を希望。ところで「10万円食べるもんズ」ってユニット名最高じゃないですか? 命名したのは中澤です。

【真似厳禁】サイゼリヤで1人1万円食べる方法を発見 → 試したら2時間超えの死闘になった

10万円食べるもんズの陰に隠れてしまったが「サイゼリヤで1人1万円使う」ってすごいことだと思うの。

【ガチ検証】1年以上ぶりに「ポケモンGO」をやってみたらこうなった

放置していたポケモンGOに復帰した記事。ネタ的にも今年はポケモンGOに相当助けられた。一方で知人たちには「ポケモンの記事ばっかり書いてんじゃねーよ!」と言われるので、きっと本来のロケニュー読者には響かないネタなのだと思う。でもすみません、来年も書きます。

毎年のように振り返り記事で言っているが、好きな仕事を好きなようにやらせていただいているのは、本当に読者のみなさんのおかげです。きっとみなさんが思う600倍くらいは「本当にありがてえ」と日々感謝しています。いや、本当に。

今年は占いの勉強も始めたので、来年の今頃は「占い師のタマゴ」くらいにはなっているかもしれません。それでもあくまで本業はライターですので、2019年は初心に帰り、みなさんに少しでも楽しんでいただけるような記事をお届けできればと思います。

来る2019年がみなさんにとって素晴らしい1年でありますように。

執筆:P.K.サンジュン
イラスト:稲葉翔子
Photo:RocketNews24.

このカップル最高かよ…!たまに見せるデレ顔が100点な彼女と表情筋が忙しい彼氏が可愛すぎる件

okqdokoqkcq
大人になるとふと思い出すもう戻らない青春の日々。

今回ご紹介するキシリモさんの「彼女はスキだらけ」では、あなたが夢見た「こんな青春があったら良かったのに!」と完全再現した胸キュン必至のストーリーです。

できたてホヤホヤな可愛らしいカップルの温もりで、冬の寒さで凍てつく心を温めて下さい!

その1

彼女はスキだらけ01
twitter.com@MS_sousaku1
彼女はスキだらけ02
twitter.com@MS_sousaku1
彼女はスキだらけ03
twitter.com@MS_sousaku1
彼女はスキだらけ04
twitter.com@MS_sousaku1

その2

彼女はスキだらけ05
twitter.com@MS_sousaku1

彼女はスキだらけ06
twitter.com@MS_sousaku1

彼女はスキだらけ07
twitter.com@MS_sousaku1

彼女はスキだらけ08
twitter.com@MS_sousaku1

おまけ

彼女はスキだらけ09

twitter.com@MS_sousaku1

その3

彼女はスキだらけ10
twitter.com@MS_sousaku1
彼女はスキだらけ11
twitter.com@MS_sousaku1
彼女はスキだらけ12
twitter.com@MS_sousaku1
彼女はスキだらけ13
twitter.com@MS_sousaku1

タイムスリップしても、こんな青春送るなんて絶対無理ぃぃーーーっ!

木常井さんの敬語、丁寧なお互いの名字呼び、それぞれの一挙手一投足に慌てたり、ちょっとしたことでドキドキしたり、どこまで可愛いんだこのカップルは!

可愛いの形容詞がここまでドンピシャにはまるカップルの誕生に、ピンク色のため息があちこちからダダ漏れしました。

すでに3話までがTwitterに掲載されているキシリモさんの本シリーズ。今後も、田貫くんと木常井さんカップルの進展が楽しめそうな予感!?

Twitter:@MS_sousaku1
Twitter:@morishiki_

チビ柴犬 VS お掃除ロボの壮絶?な戦い!その果てにあるものは…?

っっっっっl

お掃除ロボットに近づいていく柴犬の子犬。しかし、自分から近づいてはいるものの、どうやらお掃除ロボットは苦手なようです。
一度退避しても「負けないぞ!」と言わんばかりに何度も何度も近づいていきます。苦手なら近づかなければいいのに…もしかしたらライバル視でもしているのかな?笑

さて、この戦いに最終的に勝ったのは…?!続きはぜひ動画でご覧ください!

これはナイスアイディア!鼻からしっかり水切り♪ ゾウをモチーフにしたドレイナーが可愛らしい

鼻からしっかり水切り♪ ゾウをモチーフにした可愛らしいドレイナーをご紹介します。 商品名は「ジャンボカトラリー ドレイナー」。ゾウの鼻から水を出すという発想がユニークですよね。カトラリーを洗った後に水...

【コラム】はなまるうどんのメニューで「わかめうどん」を注文する人いない説

当たり前の顔して並んでいる日常の風景。しかし、そんな日常の中には、よく見ると “” が潜んでいることがある。つい先日、そんなことを実感したのが、高コスパうどんチェーン『はなまるうどん』でのこと。

安い価格帯で味わえる本格派うどんが庶民の味方であるこの店。私(中澤)も、10年ほどお世話になっているが、最近とあることに気づいた。はなまるうどんでわかめうどんを注文したことある人いますか

・疑問を持ったキッカケ

王道メニューである「わかめうどん」。普通ならそんなこと思いもしないのだが、私がそう思い始めたキッカケは、はなまるうどんでメニューとにらめっこしていた時。

はなまるうどんのカレーが好きな私は、ほとんどの場合カレーセット一択なのだが、セットのうどんをどれにするかは毎回悩ましい議題である。温玉ぶっかけもウマそうだが、きつねうどんも良い。明太おろししょうゆも、ゆずとろろ昆布も捨てがたい。

ひとしきり悩んだ後きつねを選んだ。同じ価格帯なら、きつねが一番高コスパに感じたからだ。自分的鉄板メニューがあったら毎回同じものを注文してしまう私。悩みはすれど、はなまるうどんで選ぶのはほとんどの場合きつねである。

そこで、ふと気づいた。選択のテーブルにさえ乗っていないメニューが1つだけあることに。それが「わかめうどん」である。

・わかめうどんが選択のテーブルに乗らない理由

別にわかめが嫌いなわけではない。ただ、はなまるうどんの同価格帯のうどん9種類と比べると、どうしてもわかめを選択するタイミングがなくなるのである

大きな揚げが乗ったきつねうどんや温玉ぶっかけはコスパ的に見て主役だろう。ぶっかけはレモンが乗ってあっさり風味だし、ざる、明太おろししょうゆは夏に大活躍だろう。釜あげうどんとかま玉は、食感が違うためファンもいるに違いない。だが、わかめ……?

海藻系が食べたければ、ゆずとろろ昆布の方が明らかに高級感がある。むしろ、ゆずとろろ昆布とわかめが同価格帯なのが不思議なくらいだ

そう言えば、私はこの10年、はなまるうどんでわかめうどんを注文する人を見たことがない。もちろん、今も店内にわかめうどんを食べている人はいない。ラインナップのせいで、わかめうどんは誰の眼中にも入ってないのではないか

・わかめうどんの謎

しかし、そう考えると謎なのが、そんなわかめうどんがずっとレギュラーメニューをキープし続けているという事実。ひょっとしたら、地味な見た目に反して実はめちゃくちゃウマいのかもしれない。そして、熱狂的なファンだけがそのことを知っていて注文しているのかも。

・食べてみた

考えれば考えるほどにわかめうどんが気になって仕方なくなってきたぞ。そこで注文してみた。

通常なら、きつねうどんや温玉ぶっかけをスルーしてわかめうどんに行くなんて軽い罰ゲームだが、「ウマイに違いない」と言い聞かせて食べてみたところ……な、なんやと!?

柔らかいわかめとうどんのハーモニーが……

普通

めっちゃ普通!!

うどんにわかめを乗せただけだ! まさに「わかめうどん」以上でも以下でもないのだが、それゆえに次はなまるに来た時、私は他のメニューを注文するだろう。

深まるわかめうどんの謎。きつねうどんや温玉ぶっかけの脅威にさらされながら、一体、わかめうどんはどうやって今まで生き残ってきたのか。ひょっとしたら、そこには、私たちがこの競争社会で生き残っていくヒントが隠されているのかもしれない。

執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

2018年4月にYouTuberになると言った梅宮アンナさんの現在は…… / 約5カ月更新なし

2018年10月に、芸能界引退をかけてYouTuberに電撃転身した「カジサック」こと、キングコングの梶原雄太さん。現在も順調に登録者数を伸ばし、57万人もの登録者を獲得するに至っている。実は、それよりもずっと先に、YouTuberデビューしている女性芸能人がいた。

その人、梅宮アンナさんは4月に最初の動画「梅宮アンナ ユーチューバーになりました!!」を投稿していたのである。それから半年以上を経て、現在はというと……。

・7月から投稿がない……

7月に最新の動画を投稿したきり、公式チャンネルに動画を投稿していない。最初の動画では、長年テレビに関する仕事をするなかで編集に対して違和感を抱いていたと語っている。自ら制作に携わることのできるYouTubeなら、自分の好きなようにできると考えたと明かしている。2017年頃からYouTuberに憧れを抱いていたとも語っていたのだが……。

これまでに投稿した動画は4本。

・いずれ帰ってきて欲しい

ちなみに梅宮さんは、ブログとInstagramの更新を順調に行っている。もしかしたら、ちょっとだけYouTubeに興味がなくなってしまったのかも。実際、動画の撮影や編集はとても労力がかかる。それを毎日更新するのは、決して簡単なことではない。とても1人で継続することは難しく、一緒にがんばってくれる仲間の存在が不可欠だろう。

またいずれ体制を整えて、梅宮さんが動画の投稿を再開してくれることを願うばかりだ。

参照元:YouTube 梅宮アンナカジサック
執筆:佐藤英典

阿佐ヶ谷姉妹がまさかの誤爆投稿!?仲良しコンビらしいエピソードにほっこり

阿佐ヶ谷姉妹誤爆
先日行われた『女芸人No.1決定戦 THE W 2018』。
こちらの大会で見事優勝を果たしたのは、渡辺江里子さんと木村美穂さんからなる人気お笑いコンビの阿佐ヶ谷姉妹

コンビ名は姉妹ですが、血縁関係はありません!そんな血の繋がりも越えた仲の良さが織りなすほっこり漫才で、勝利を勝ち取った阿佐ヶ谷姉妹のお二人ですが、
優勝の影響からか、過去にやってしまったTwitterでの誤爆投稿が改めて取沙汰されてしまいました。

それがこちら。


いや、テレビのまんまかよ!

思わずそんなツッコミを入れたくなる阿佐ヶ谷姉妹らしいかわいい誤爆でした(笑)。


老若男女から大人気の阿佐ヶ谷姉妹。いつまでも仲良しのお二人でお笑い界を盛り上げていって欲しいですね!


この度の優勝、本当におめでとうございます!

 

凍えるような夜にロシア料理店『ツンドラ』で「シュニチェリ・イス・テリヤーチヌイ」を食べた話 / 福岡天神

つい先日、凍えるような夜に、福岡県の繁華街・天神周辺を歩いていたら『ツンドラ』と書いてある赤い看板が目に留まった。天神駅スグの立地にある超老舗ロシア料理店の看板だ。ロシア料理かぁ~なんて思いつつ、ポケットに手を突っ込んだまま1度は通り過ぎたのだが……

“ツンドラ” の文字に引き寄せられるようにUターン。おそらくここなら、ツンドラな寒さの夜に最適な料理が食べられるだろう。寒い時には寒い国の料理を食べるのが1番だ……たぶん。ということで、福岡市の名店『ツンドラ』に突撃してみることにした。

・ほぼ満席

ただ、自分の決断ではあるものの、いきなりロシア料理店に入るのはチョイ緊張する。2~3日後に予約をして「ロシアモード」に気持ちを切り替えてから行くのがベターかもしれない。今さらだが「たまたま発見した吉野家で牛丼を食べる」的なノリで、ロシア料理を食べても満足できるのだろうか……。

そんなこんなで気持ちの整理がつかないまま入店すると……クラシックが流れる店内はほぼ満席。案内されたテーブル席の隣には年配のご夫婦、ワインの味について語り合いながら優雅なディナータイムを楽しんでいる様子だ。マジかよ。あまりにも別世界だぞ。

・メニューはボルシチだけ分かった

なんだか「どこでもドア」を開けた先はモスクワの高級ホテルでした……みたいなフワフワした感覚が残っているが、こんな時はメニューを眺めて落ち着こう。ドキドキしながら人気料理を確認してみると……

ほほう。「ザクースカの盛合わせ(2300円)」や「スラビヤンスキー(3200円)」「ウクライナ風ボルシチ(900円)」が定番で、隠れ人気メニューが「シュニチェリ・イス・テリヤーチヌイ(2080円)」か。なるほど……ギリギリ「ボルシチ」だけ分かったのが奇跡だな。

・ロシア伝統料理を食す

魔法を唱えるように「シュニチェリ・イス・テリヤーチヌイ」と「ウクライナ風ボルシチ」を注文。ワインの話を聞きながらしばし待つと、ウクライナの郷土料理・ボルシチが湯気をたてて運ばれてきた。本場のボルシチ……いただきます。

はぁ~、めっちゃ温まりますな~。これがロシア人のおふくろの味か~。牛肉はホロッと崩れるやわらかさで、よく煮込まれた野菜の味わいも良し。「食べる輸血」と言われるビーツをはじめ、野菜モリモリの煮込み料理は、寒い夜に身体をポカポカと温めてくれますわ~。

そして、名前だけで選んだ「シュニチェリ・イス・テリヤーチヌイ」も登場。こちらデミグラスソースをかけた牛カツレツで、とても上品なオーラが漂っている。さっそく食べてみたところ、脂肪の少ない赤身肉は、肉の旨味が凝縮されていて絶品だ。

高級感のある味と香り……老舗の隠れ人気メニューはさすがとしか言いようがない。貴族気分で大満足、ルネッサ~ンスである。ああ、美味しかった。

・寒い夜に……

ツンドラな寒さの夜に導かれた老舗ロシア料理店『ツンドラ』。店内に流れるクラシック音楽、年配夫婦の会話、ロシア料理……非日常の連続に夢かと思ったが、同店は福岡市営地下鉄「天神駅」と「赤坂駅」のちょうど間くらいに実在する。寒い夜にぜひ訪れてみてほしい。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 ツンドラ
住所 福岡県福岡市中央区大名2-7-11
時間 11:00~22:00
休日 火曜日

Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.

休日の自分を見てるみたい…大きなあくびをしながら目覚めるホッキョクグマの姿が話題に

アメリカのオハイオ州にあるシンシナティ動植物園で暮らす、こちらのホッキョクグマのアナナちゃん。 妊娠していないか調べるため、監視カメラを設置してその様子を見てみると…大きなあくびをしながら...

【超ハイレベル鬼ごっこ】オタクたちのスピードアクションが圧巻過ぎてやばい

、、、、、、、ぁl

UFOキャッチャーの景品をきっかけにしてオタク男子2人の争いが始まります。
フィギュアを持って逃げるオタクとそれを追いかけるオタク。パルクールといわれる競技で前宙などハイレベルなパフォーマンスを見せながら街中を走り回るのですが、その圧巻の動きに思わず口が開いてしまいます。笑

そのスピード感をぜひ動画をご覧になって味わってください!

平成最後の「ニーソックス呼び方まとめ」こんなにも種類があるらしいぞ

平成で最も画期的で魅了させられた衣装は何でしょう。やはり、つっぱりでも、ヒラヒラでもなくこちらのパッツパツのニーソックスでしょう。どんな女性でもこのニーソックスなるものを装着すれば、かなりの魅力度が増して男性を虜にしてしまうわけです。多少年齢制限もあるということですがその辺は気にせず、今回の概念を見ていただければと思います。

実はニーソックスには定義がある

実はニーソックスには様々な呼び方があることは以前お伝えしたとおりで、一番長いのがサイハイソックス、そこからオーバーニーソックス、ニーソックスとなり、細かいことを言えば我々がニーソックスと思っているものは実は違うという可能性もあります。つまりニーソックス原理主義者に対して安易に何でもかんでも「ニーソックス」と呼んでしまうことは非常に許せない行為に当たるので注意が必要です。

またニーソックス以下のソックスには以下のような呼び方があり、最近の女子高生がはいてる紺のハイソックスは「クルー」「ロークルー」などと呼ばれるようです。

やっぱり、サイハイソックスかな。いやオーバーニーぐらいの「絶対領域」は確保したい。様々な議論が飛び交うことかと思いますが何れにせよ男性をひきつけてしまうアイテムとしては間違いないはずです。

思わず3度見してしまうスカートも男性は興奮するのかもしれません

やはりただの防寒具のため・・・というだけではないようですね。

画像掲載元:足成

平成最後の「ニーソックス呼び方まとめ」こんなにも種類があるらしいぞ

平成で最も画期的で魅了させられた衣装は何でしょう。やはり、つっぱりでも、ヒラヒラでもなくこちらのパッツパツのニーソックスでしょう。どんな女性でもこのニーソックスなるものを装着すれば、かなりの魅力度が増して男性を虜にしてしまうわけです。多少年齢制限もあるということですがその辺は気にせず、今回の概念を見ていただければと思います。

実はニーソックスには定義がある

実はニーソックスには様々な呼び方があることは以前お伝えしたとおりで、一番長いのがサイハイソックス、そこからオーバーニーソックス、ニーソックスとなり、細かいことを言えば我々がニーソックスと思っているものは実は違うという可能性もあります。つまりニーソックス原理主義者に対して安易に何でもかんでも「ニーソックス」と呼んでしまうことは非常に許せない行為に当たるので注意が必要です。

またニーソックス以下のソックスには以下のような呼び方があり、最近の女子高生がはいてる紺のハイソックスは「クルー」「ロークルー」などと呼ばれるようです。

やっぱり、サイハイソックスかな。いやオーバーニーぐらいの「絶対領域」は確保したい。様々な議論が飛び交うことかと思いますが何れにせよ男性をひきつけてしまうアイテムとしては間違いないはずです。

思わず3度見してしまうスカートも男性は興奮するのかもしれません

やはりただの防寒具のため・・・というだけではないようですね。

画像掲載元:足成

「あぁ~幸せだな~」掃除機に吸引されている犬が至福の表情を浮かべていて超かわいい

可愛いペットは、日々の癒し。ワンコやニャンコたちの一挙手一投足に毎日ニヤニヤが止まらない方も多いのではないでしょうか。 そんな中面白い映像を発見しました。デンマークのファーレヴェイユで撮影されたワンコ...

「あぁ~幸せだな~」掃除機に吸引されている犬が至福の表情を浮かべていて超かわいい

可愛いペットは、日々の癒し。ワンコやニャンコたちの一挙手一投足に毎日ニヤニヤが止まらない方も多いのではないでしょうか。 そんな中面白い映像を発見しました。デンマークのファーレヴェイユで撮影されたワンコ...

【マジかよ】PS4『ジャッジアイズ』で絶対に “現実のキムタク” が言わなさそうなセリフに仰天したでござる!

木村拓哉さんといえば、日本を代表するスターである。これまでの活躍は誰もが知るところであり、今後も芸能界をけん引していくことは間違いないだろう。そんな彼を、ゲームの主人公として操作できる『JUDGE EYES(ジャッジアイズ):死神の遺言』(PS4、通称:キムタクが如く)は、革命的作品といっても過言ではないだろう。

だって、あのキムタクを操作できるんだもの! 実際にプレイしてみると、現実の木村さんが絶対に言うはずのないことまで発言しているから面白い。そのなかでもこのセリフは100パーセント言わないだろ! というものを発見してしまった。

・私立探偵八神を演じるキムタク

木村さん演じる八神隆之は、元弁護士の私立探偵である。過去の裁判がきっかけで運命に翻弄されることになる。ゲーム序盤で、怪奇的な事件に遭遇し、ヤクザの抗争に巻き込まれて行くのだ。

物語の舞台は、龍が如くシリーズでお馴染みの「神室町」。新宿・歌舞伎町をモデルにしたこの街は、歓楽街であると同時に、ヤクザ者のいさかいの絶えない危険な街でもある。当然、キャバクラやホストクラブなども存在しており、危険な雰囲気がアチコチに漂っている。そんななかで八神を演じる木村さんは、あるお店に聞き込みに行く必要に駆られる。

・絶対言わなそうなこと!

そのお店は、地下にある怪しい受付を備えたお店……。もしかしたら、木村さんはそんなお店の存在さえ知らないかもしれない……。

そこで木村さんはプレイヤーの選択に従って、こういうのである。

「65分コースで」

言わねえええええ! 絶対にキムタクはそんなこと言わねえ! プレイヤーの選択肢によっては「35分コースで」もしくは「50分コースで」ってのもあるけど、どっちみち言わねえ!! あり得ない、そんな言葉をキムタクがアテレコとはいえ、発したと思うと、それだけでこのゲームのすごさを感じることができる。すげえ、ゲームを作ったなあ~、SEGAは~ッ!!

という訳で、この先も想像を超えるキムタクの活躍を見ることができるかもしれない。ゲームを進めるのが楽しみで仕方がない!

参照元:JUDGE EYES:死神の遺言
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24
Screenshot:PS4『JUDGE EYES:死神の遺言』

忖度駅名「高輪ゲートウェイ」駅に4万人の撤回署名集まる!

品川と田町の間にできる山手線の新駅ですが「高輪ゲートウェイ駅」に決まったとされ、多くのメディアが取り上げる中なぜ「高輪」ではなく「高輪ゲートウェイ」なのか、という疑問を持った人が多いようです。そもそも山手線には、横文字の駅名はなく、全て感じというのが慣例です。これを破った掟破りの高輪ゲートウェイは、非難の対象となります。

なぜ高輪ゲートウェイなのか

駅名の募集についてですが、1位は「高輪」、2位は芝浦、3位は芝浜と高輪ゲートウェイは出てこない。ちなみに順位は130位。

そしてJR側が選んだ理由としては以下の通りとしております。

この地域は、古来より街道が通じ江戸の玄関口として賑わいをみせた地であり、明治時代には地域をつなぐ鉄道が開通した由緒あるエリアという歴史的背景を持っています。新しい街は、世界中から先進的な企業と人材が集う国際交流拠点の形成を目指しており、新駅はこの地域の歴史を受け継ぎ、今後も交流拠点としての機能を担うことになります。新しい駅が、過去と未来、日本と世界、そして多くの人々をつなぐ結節点として、街全体の発展に寄与するよう選定しました。

玄関口・未来と過去・日本と世界をつなぐ結節点。ゲートウェイを日本語に訳すのであればさしずめ、出入り口・門などという言葉になるので、そのコンセプトを取り入れ、かつ漢字縛りの仕来りに沿うのであれば「高輪門」とか「高輪口」とかそんな名前でも良かったのかもしれませんが、横文字を入れてしまったことで、利用者の怒りは収まらないようです。

最近はやりの「虎ノ門ヒルズ」とか「表参道ヒルズ」など、和名+外来語の流れに沿おうと思ったのか、それとも、なにか別の目的があるのか。いずれにせよ何らかの忖度があったのではないかと勘ぐってしまいがちです。

ネットでは現在40000件もの撤回署名が集まっております。
反対意見の多くは以下のような内容です。

利便性の良い名前ではない。

1位の高輪じゃ何故ダメなのか。

公募の意味がない。

地域にふさわしくない。

都民への説明がない。

ダサい。

果たして署名は有効になるのでしょうか。今後の高輪ゲートウェイの名前の行く末に注目です。

掲載元:change.org
https://bit.ly/2QIOxHs